【子宮頸がん 闘病記】 〜手術時の記憶と手術直後の状況

前回は手術前までの経緯と子宮を全摘する決断をお伝えしました。
今回は、手術当日から手術直後までの状況をお伝えします。

前回の記事はこちら⏬

スポンサーリンク

手術当日

手術
イメージ図

手術は8時半からの予定。

前日夜から絶食、当日朝6時半からは絶飲食でした。
前日は緊張からかあまり眠れず、当日の朝を迎えています。

朝一で家族とテレビ電話をし、手術着に着替えて待機していました。

8時半直前に、手術室まで歩いて移動します。
手術室前の待機場所には、これから手術を受ける人が何人もいました。
(この日は手術件数が多かったみたいです)

手術用のキャップをかぶり、手術台に横になります。
手術室は広く、すでに何人かのスタッフさんたちが準備を行っていました。

点滴用の注射をされ、背中に硬膜外麻酔の注射をされました。
この時点で主治医の先生と担当医の先生も手術室にいらっしゃり、いよいよです。

その後は全身麻酔で、記憶がなくなりました。

 

手術終了後、名前を呼ばれ目を覚ましました。
場所はまだ手術室でこれから、病室に移動します。とのことでした。

病室に移動した後も、うとうとしていたところ、名前を呼ばれ、「無事終わりましたよ〜」とか「家族に電話したけど繋がらなかったのでまた電話しますね」とか言われました。

今、何時ですか?

14時40分です。

と、会話した記憶があります。
会話は普通にできましたが、うとうとと、ぼーっとしている感じでした。

 

この時点で私には色々な管が繋がっています。

  • 酸素マスク
  • 点滴
  • 硬膜外麻酔
  • 尿の管
  • 血栓防止のための脚のマッサージ機


ベッドの上では起き上がってはいけないけれど、脚を動かしたり寝返りをしたりしてもOKでした。

21時頃までは全身麻酔の影響で、うとうとしていたのですが、それ以降は徐々に意識がはっきりしてきて、この状況が段々不快になってきました。

  • 酸素マスクは逆に息苦しい
  • 脚のマッサージ機がずっと動いていて不快・脚が落ち着かない感じ
  • 手術中も同じ体制だったので腰が痛くなってきた
  • 喉が渇いたけど水は飲めない(うがいのみOK)
  • 寝返りをうってもキズが痛むし色んな管のせいで満足のいく体勢になれない… など。

この時点では携帯を手元に置いてもらい、時間を確認していましたが、
時間の進みの遅さに絶望を感じていました。

携帯でも見て時間を潰そうかとも思いましたが、携帯も十数秒見ただけでしんどくなるので、それも難しく、ただただ不快な状況を耐えるという時間を過ごさなければなりませんでした。

キズ自体の痛みはありましたが、痛みが強くなるたびにボタンを押し、硬膜外麻酔を追加していたので何とか耐えられました。

スポンサーリンク

手術翌日(術後1日目)

そんな不快な状況が続き、全く眠れませんでした。
朝3時頃、看護師さんに眠れなくて辛いと言ったのですが、もうこの時間になると睡眠導入剤も出せないとのことでもう少し頑張って下さいと言われました。

朝6時 ⇨ 酸素マスクが外れました。

朝9時 ⇨ 脚のマッサージ機が外れました。
      水を飲むことが解禁されました。

水は1日1リットル以上飲むようにしてください。とのことでした。

脚のマッサージ機を外したら、早速歩行訓練です。
まずは近くのトイレまで行って戻って来るのですが、起き上がる時にキズが痛い。
靴を履き、踵までちゃんと靴に入れるには前屈みにならなければいけないので、キズが痛い。

わたしの場合、目眩はあまりなく、痛いながらも何とか歩くことができました。

今後、歩くときは看護師を呼ばずに自分で歩いてくださいね。
今日は病棟の廊下(約50M)を最低5往復してください。

キズの治りをよくするため、腸の動きを促進するため、歩くことがとても大事とのことでした。

キズは痛いけれども、ベッドに横になっているのが辛かったため、なるべく歩くようにはしていましたが、1往復してベッドに帰ってくるとグッタリでした。

グッタリしてしばらくすると、横になっているのが辛くなってくる。脚をどう動かしてみても、横を向いても落ち着かない。しんどいけど歩くか。の繰り返しでした。

この日は、就寝時間になったらすぐ睡眠導入剤をもらおうと決めていました。
21時頃、点滴で睡眠導入剤を入れてもらい、眠りにつきました。

しばらくしてから、「あ〜寝たな」と思って時計を見ると、22時50分でした。
睡眠導入剤の効果、約2時間か!と思い、驚きました。

もう一度寝ようと思ったのですが眠れず、歩けば疲れるかと思い歩行練習をしていました。
結局眠れず、看護師さんが巡回にきた時に睡眠導入剤を追加しますかと言われ、お願いしました。

「寝よう寝よう」と思っているから眠れないのか、2回目の睡眠導入剤は効果なく、ほぼ眠れずゴロゴロしていました。例によって横になっていると体が辛いので、夜中に歩行練習をしていると、看護師さんが「眠れませんか?」と聞いてきて、「当直の先生に相談してみますね」と言ってくれ、今度は錠剤の睡眠導入剤を渡してくれまし(この時点で2時頃)

この錠剤の睡眠導入剤を飲んで、朝方までうとうとできました。

術後2日目

この日のお昼から食事が再開しました。
ご飯はお粥(五分粥)でしたが、おかずは結構普通の食事で驚きました。

丸2日間何も食べてなくて、開腹手術もしたのに、こんな普通の食事食べていいの!?

この時点では、食事を食べることがどうこうというより、食事をするために座って体を起こしていることがとてもしんどかったです。

ベッドの背中を90度近くまで立てて、背中を完全にベッドに預けて何とか姿勢を保っている感じでした。

術後2日経っても、体のしんどさは中々良くなりません。
わたしの場合、手術中の出血が多く、それが原因で体温はずっと38度オーバーでした。そのせいでずっと体がしんどかったのかもしれません。

身体はフラフラでしたが、寝ているとしんどい。とりあえず、歩行練習(この日の目標は廊下10往復)。ベッドに戻ってグッタリ。また横になっているのが辛い。の繰り返しでした。

ただただ、時間が過ぎるのを待っている感じでした。

キズの痛みの方は、ベッドの背中を起こして座っていると、動いていない時はあまり痛みを感じないくらいになっていました。

この日までは、ただただしんどくて辛かったです。
術後3日目以降、徐々に回復を実感してきます。また次回の記事でお伝えしようと思います。

タイトルとURLをコピーしました