【21年4月入所】保育園が内定しました! 〜ゆーと家の保活総括

子育て

昨年10月に認可保育園の申し込みをしていましたが、ようやく結果が判明しました。
第5希望の小規模保育園に、内定をいただきました。

21年度の保活はコロナの影響で、例年とは様子が異なるものでした。
そんな中で行った我が家の保活について紹介させていただきます。

来年度以降の保活に少しでも参考になれば嬉しいです。

我が家の保活状況

現在、我が家は首都圏の政令指定都市に住んでいます。
最寄駅は、ある程度大きなターミナル駅で、我が家は最寄駅から徒歩約10分です。

夫の転勤で今の住まいに引っ越してきたのは、昨年の9月末。
引っ越しが決まったのが、8月のお盆明け。現在の住まいが決まったのは、9月頭。
そのため、我が家の保活スタートは9月の頭でした。

認可保育園の申し込みが、10月29日消印有効。
一応、窓口への持ち込みは11月10日〆切だったのですが、コロナの影響により、区役所からは今年は郵送で書類を提出してください。と言われました。

我が家に残された時間は、2ヶ月弱。
まずは、保活をするにあたって、我が家が重視していた点を明確にしました。

  • 絶対に0歳児4月で入園する
  • 保育園は家から近い方が望ましい


その上で行った活動は、下記の通りです。

  1. 区役所で情報収集
  2. 保育園を見学
  3. 申し込む保育園を検討

 

区役所での情報収集

保活においてよく言われていますが、まずは区役所で自分の状況を確認することが大切です。私は引っ越し直後に区役所を訪問して、下記を確認しました。

確認事項

  1. 我が家の調整点数
  2. 志望保育園の昨年の合格ライン
  3. 各保育園の評判
  4. 区内の保育園の地図


まずは、選考の基準となる調整点数の確認です。調整点数については、利用案内を確認すればわかるのですが、万が一間違っていた場合、致命的なので必ず役所で確認することが必要です。

そして、志望保育園の昨年度の合格ラインを確認します。我が家の場合、何となく家から近い4園程度を志望保育園として考えていました。そのうち、一番駅近の保育園は調整点数的に難しそう(兄弟加点等が必要)。他の保育園も我が家と調整点数は同じでしたが、倍率がかなり高かったとのこと。

私が住んでいる市では、調整点数が同じ場合、①兄弟が3人以上 ②世帯年収が低い、の順で優遇されることになります。年収ボーダーについては、毎年基準が違うので一概には言えないとは言われますが、世帯年収が1000万円を超えていると役所の方からは認可は厳しいかもしれないと言われるようです。

今回、役所に行ってよかったなと思ったのが、区内の保育園が全て記載された地図を見せてもらえたことです(写真も撮らせてもらいました)引っ越して来たばかりで、地名を聞いてもピンと来ないので、この地図を見せてもらうことで距離感やこんなところにも保育園があるのかと知ることができました。また新設園についても情報をもらうことができました。

また、これは地図を見ながら雑談をしている中で、役所の方もポロッと言ってしまっただけかもしれませんが、ある駅を指差しながら「この辺りの保育園はあまり評判がよくないっていう声がある」と教えてくれました。この話も志望保育園を選ぶ際に参考にさせてもらいました。

そして、私は区役所に行って初めて、市内であれば区外の保育園も申し込めることを知りました。我が家は区境の近くに住んでおり、隣の区の保育園でも十分に通園可能でしたので、事前に知れて本当によかったです。

保活はまず役所へ。
  調整点数の確認は必須。さらに思ってもいなかった情報をゲットできる可能性も。

保育園見学

今年はコロナの影響で保育園見学も例年とは大分様子が違ったようです。
我が家が見学を申し込んだのは、5園。
(引っ越し前の9月頭の時点で申し込みました)

うち1園は、コロナで見学なし。見学ビデオを送ります。 
うち1園は、コロナで園児が少ない土曜のみ見学受付中。9月頭に申し込んで、空きは11月中旬(申込締切は過ぎていますが、申込)
うち1園は、9月頭の時点でコロナで現在見学停止中。日程確定したら、連絡します。(10月半ばで見学できました)
うち、1園は10月頭に普通に予約できましたが、保育園内には入れず、保育園の外で内部の映像を見て、保育士さんが質問を受けるスタイル。
うち、1園は毎日1組のみ見学を受け付けており、10月末に見学。

結局、申込までに実際に保育園の中まで入って、見学できたのは1園のみでした。
そのため、申し込む保育園を決める際に見学の内容はあまり参考にはなりませんでした。
申込後に2園見学した後に思ったことは、各保育園それぞれ特色はありましたが、基本的な保育内容に問題はないということでした。

我が家の近くには公園があるのですが、日替わりで色んな保育園の園児たちが遊んでいます。どの保育園の園児たちなのか、こっそり観察していたりしたのですが、どの保育園の園児たちもみんな元気に楽しそうに遊んでいました。
なので、どこの保育園でも問題ないかな、とは思っていました。

結果、見学は保育園決定に大きな影響なし。

我が家は保活スタートが遅かったこと、今年はコロナの影響で見学がイレギュラーだったこともあり、積極的な見学ができませんでした。
もっと見学をしていたら、志望順位は変わったかもしれません。
だからと言って、見学で気に入った自宅から離れた保育園の志望順位をあげたかというと、そうはならなかったと思います。

申し込む保育園を検討

区役所で話を聞いた時点で、我が家の世帯年収では厳しいことがわかりました。
私の住む市は、第20希望まで申し込むことができますので、通える範囲の園は全て申し込むことにしました。
(当初、私は自転車での通園に乗り気ではなかったのですが、それではダメだと思い直しました)

通える範囲で目安にしたのは、自宅〜保育園〜最寄駅が徒歩30分以内です。
基本は自転車での通園になっても、最悪徒歩でも通園できる範囲としたかったためです。

上記条件に当てはまる保育園は、19園ありました。
うち、1園は新設園。うち、6園は0〜2歳児限定の小規模園でした。
(ちなみに区役所の方がささやいてくれた評判が悪い園は除外しました)

その19園を、自宅から近い順に第1志望から希望をうめていきました。

最終的な申込は、実際に通うことを考えて決定。

我が家の保活総括

今回、我が家の保活は第5希望の園に決まり、満足いく結果となりました。
この園は、自宅から徒歩5〜6分+駅まで徒歩10分弱の場所です。
最初に定めていた重視する点をクリアできました。

  • 絶対に0歳児4月で入園する
  • 保育園は家から近い方が望ましい


今回、小規模園を候補から外さなかったのが勝因かなと考えています。
また、今年はコロナの影響で0歳児入園申込が例年より少なかったのではという話もあります(来年の1歳児枠は激戦必至ですね)

今回短い期間ですが、保活をして大事だと感じたポイントは下記3点です。
参考になる点があれば嬉しいです。

保活で大事なこと

  1. 役所での情報収集は絶対必要
  2. 保活で重視すべきことを明確にする
  3. 見学はそこまでこだわる必要はない(場合によっては)

タイトルとURLをコピーしました